2019年12月19日

特別ではないこと

昨日、チンクチェントが走っていた。
久しぶりに古いチンクチェントを見たから
最初わからなかった。
やっぱりとってもかわいかった。
とても素敵だった。

煽り運転のように、
こっちは強い、こっちをイラつかせるな、

という(裸の)王様のような車より

わたしにとっては
乗っていてどんな人生を過ごせるか。
絵が見えることの方が大切。

ま、免許ないけど。


チンクチェントという言葉
シナプスと言う言葉

こういう言葉が好き。
まだまだある。

パハップス
モッツァレラ

何かニヤニヤする言葉。
たまにこっそり歩きながら
そういう言葉を発する。


落ち込んだ時も、
どんな時も
小さな独特な
楽しいことを見つけてしまう生き方。
私たち夫婦はそういう感じ。

他の人から見たら異常と思われる
ルーティンも
うちらにとっては普通。
わたしにとって自然。

ありがたい。家というものがありがたい。


何かあったときに思う

自分だけがおかしい
自分だけが苦しい
自分だけが特別ではなく

実はみんな同じように傷ついたり、
苦しんだりしていること。

落ち着いた時に思い出す
武田鉄矢さん。

同じ苦しんでいる人を見たら
きっと少しでも優しくできると思う。
連絡でいつか地球が平和になると思う。


今朝は5時過ぎからカレーを仕上げている。
まだ外は暗い。
ラジオをかけながらの
この時間がとても好き。

今日も明るく、元気に、やさしく。
小さなことにも幸せを感じるような
人にやさしい地球でありますように。

001E9956-E92F-4139-B8BF-5CF33905659F.jpeg

窓からの景色は宝物。

posted by よつば舎 at 06:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]