2020年05月30日

おしっ○のはなし

私たち夫婦は
40半ばで結婚したせいか、
老いること、劣化すること、
そんなことはもう全然気にしない。
気にしないというか
気にしたとしたら、さらにいい味出てきたねと
思い合える。

夫の頭のなんていうか、毛の面積が少なくなることも
とても愛しく思う。
シワもシミも人の柄というくらい、
生きた勲章と思う。

先日、私が
おしっ○がね、
くしゃみじゃなくて、
ちょっとしたことで、ホニャララと話したところ
夫はにっこり笑い、
なんかあってもずっと見てあげるからねえ。
と言った。

私もそんな話をすることも変かもしれないが
こんなふうに思える夫の脳がすごい。
道に迷ったりトンチンカンなところもあるけど
老いることにとても優しい。

人は老いる。
それは絶対だ。

でも老いたからこそ感じる素晴らしいことが
きっとたーくさんある。

これからはもっと楽しく生きていけると思う。


B865AF78-9B31-4702-89E0-D6C40595C42B.jpeg

最近の朝ごはん。


87B95A26-5A77-4CE7-9EC2-6385B878A53F.jpeg

こたつを片付けた落ち着く部屋。
22歳から使っている丸太のテーブル。
18歳から使っている捨てられていた白い椅子。
22歳の頃買った布とか、
骨董屋さんでかった文机など。

落ち着く部屋(べや)
↑マイペースな相撲部屋みたい。
【日記の最新記事】
posted by よつば舎 at 23:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]